【筋湯温泉 花火大会】開催のご案内

【筋湯温泉 花火大会】開催のご案内
『筋湯温泉 花火大会』開催のご案内です。





標高1000メートルの静かな温泉地の夜空に、約2017発の打ち上げ花火が広がります。
​周りの山々に響き渡る大音響は迫力満点!! 
​メイン会場となる公共駐車場では数々の出店が軒を連ね、お洒落なマルシェ風の催しとなります。 


 
<開催日時>平成29年5月13日(土) 花火打ち上げ開始/20:45~
     *少雨決行、荒天時などで中止の場合は翌週20日(土)へ延期


<場  所​>筋湯温泉公共駐車場付近


<そ の 他> お車は、小松地獄および朝日屋旅館横の公共駐車場をご利用ください

 

飯田高原・湯坪温泉にある温泉宿「ゆつぼ亭」は和と洋の建築様式が溶け合う離れが人気の宿です。

【新緑の春風オルレ】開催のご案内

【新緑の春風オルレ】開催のご案内
九州オルレ 九重・やまなみコースでは、イベントを開催いたします。

ウォーキングするにも丁度いい季節になりました。

​是非、お誘いあわせのうえご参加ください。お待ち申し上げております。
 
​​<開催日時>平成29年5月13日(土) 
      10:00スタート(受付 8:30~9:55)

<受付場所>九重“夢”大吊橋 中村側

<参加費> お一人様1,000円(当日、受付にてお支払いください)

      未就学児は無料ですが、申込は必要です

​<定 員> 250名

<内 容> フルコース11.1km、3~4時間程度
<申し込み>5月9日(火)までに九重町役場商工観光・自然環境課あてお申込みください
      TEL 0973-76-3150 FAX 0973-76-2247
      *九州オルレ 九重・やまなみコースHPにある「お申込みフォーム」を

       ご利用ください

​      *定員に達した場合は、締切日前でも申し込みをお受けできない場合があります

<その他> コース途中では、「おもてなし」をご用意しております(内容は検討中) 

​      また、フィニッシュ地点から無料シャトルバスを運行します(8:00~9:50/

      13:00~15:00)            

 

飯田高原・湯坪温泉にある温泉宿「ゆつぼ亭」は和と洋の建築様式が溶け合う離れが人気の宿です。

第22回【なしか!祭】開催のご案内

第22回【なしか!祭】開催のご案内

大分第3の麦「なしか」が誕生し、22周年を迎えました。


皆様のご愛顧に感謝し、今年も【なしか!祭】を開催いたします。


OBSラジオ『夕方なしか!』の公開生放送を始め、ステージイベント、お酒の試飲、屋台など、楽しい、おいしい一日になりそうですね。





<開催日時>平成29年4月9日(日)10:00~16:00
<場  所>八鹿酒造(株)
<入場料> 無料
<その他> ・ペットを連れての入場はできません
      ・マイカーでのご来場時には、必ずハンドルキーパーを決めてお越しください。
 
飯田高原・湯坪温泉にある温泉宿「ゆつぼ亭」は和と洋の建築様式が溶け合う離れが人気の宿です。

観光情報提供アプリ「ココくすナビ」をリリースしました

国内外から玖珠郡(玖珠町・九重町)へ訪れる方々に対し、観光名所や飲食店など郡内約800か所の観光スポットへナビゲーションするアプリケーションができました。





この「ココくすナビ」は、iOS、androidに対応し、スマートフォンやタブレットで利用することができ、英語・韓国語・中国語(簡体字・繁体字)にも対応し、観光スポットの検索・ナビゲーションに加え、ヘルスケア「ココくすウォーク」機能や、オフラインでも使用可能なマップ、有事の際の防災情報など様々な機能を搭載しています。





​基本ダウンロードとフルダウンロードがありますが、基本ダウンロードがおすすめです。


​(画像内のQRコードよりダウンロード可)


​*移動中のスマートフォンの操作・注視は大変危険です。安全な場所に立ち止まってから操作してください

観光情報提供アプリ「ココくすナビ」をリリースしました
飯田高原・湯坪温泉にある温泉宿「ゆつぼ亭」は和と洋の建築様式が溶け合う離れが人気の宿です。

阿蘇市の振興と観光のブランド「然」民芸工房 鉄石

民芸工房 鉄石 阿蘇「溶岩プレート」

2万年前の溶岩で「石焼き」をする、という贅沢。

阿蘇山麓の地下50メートルに眠る玄武岩は、約2万年前、阿蘇山の噴火で流れ出した溶岩が固まってできたもの。地中深いところで冷えた溶岩は、組織が密で火に強く、素材の持ち味を失うことなく、肉の中までじっくり焼けます。この溶岩を使ったのが、「民芸工房 鉄石の溶岩プレート」です。

1

当館には、なくてはならない逸品です。

ちなみに、画像のテーブルは大分県産の杉をバーナーで焼いて造りました。

 

 

飯田高原・湯坪温泉にある温泉宿「ゆつぼ亭」は和と洋の建築様式が溶け合う離れが人気の宿です。

2017年Sasakiさん 冬 くじゅう山たより

本日は、お天気もよく湯坪の雪はすべて幻の様に溶けてなくなってしまいました。

道路状況は、通常通りノーマルタイヤで大丈夫です。

Sasakiさんに、九州とは思えないような雪の風景を届けていただいております。ありがとうございます!

さて、待望の雪が降りまして、さっそく九重に出かけてきました。

積雪は10~20センチくらいかな、でも稲星山まで行った方の話では、谷間は腰近くまで埋まり大変だったということでした。稲星を目指す予定でしたが、ガスアウトと強風もあり池の小屋で意志がくじけてしまいました。中岳と天狗ヶ城に変更して登りましたが、いずれのピークでもわずかに御池が見られた程度と残念な結果でした。でもフワフワな新雪をキュキュッと鳴らし登る感触は最高でした。

以下、当日の様子です。

文/写真 sasaki syunnji

5時半牧ノ戸着。天候が良くないせいか車はちらほら。濃いガスと雪の混じる強風の中を独りしょぼしょぼと6時に登り始め、なんとか行き着いた御池。対岸も見えないほどのガスアウト、氷の様子がわからないので池の周りを歩いて「池の小屋」を目指します。

cid_a58ac37d04bfe00573945dcf7becbbc79c0d2492zimbra%e3%80%8021

池の小屋には先客が7人ほど、天候の回復を待ち望んでいました。小屋の内壁には吹き込んだ雪のかわいらしいオブジェが・・・・・以前一緒に生活していたマルチーズのマルちゃんを思い出しました。

cid_9187914ccd0e01dbbf1d9b6635aca10e5ffdd0c2zimbra%e3%80%8022

ほんの一瞬、顔を出した稲星山。まことに冬山っていう装いでした。左手の白原が積雪が多いという難所か?

23cid_5bfefacb27a9ecb0b99c106abd72f96a37a2c02dzimbra

 

この後、中岳と天狗ヶ城に向かいましたがいずれもガスアウト、満足な視界が得られず本日はドボ~ンです。池の小屋に戻り、暖を取って帰り支度。この頃には人出も増し、池の小屋も満杯状態。視界も徐々に良くなり氷が十分に成長した御池の上をたくさんの人が行き交います。そして氷上でいろいろとポーズをとる三人組の女性・・・・・楽しさにつられて写真を撮らせていただきました(掲載OKとのこと)。なお、奥のピークが中岳です。

24cid_83687687c0c5b5b5fb3265cf3c96643751d22c22zimbra

ラストは、真っ白き峰、涌蓋山。この頃になりやっと青空が顔をのぞかせてくれるようになりました。

24cid_59f7a5ebd6e9c76a6f6d6abb24201f0624cf2bd4zimbra

 

 

飯田高原・湯坪温泉にある温泉宿「ゆつぼ亭」は和と洋の建築様式が溶け合う離れが人気の宿です。

2017年Sasakiさん くじゅう山たより

お正月気分も・・・・・・と思っていると、もう立春という声が目の前を駆け抜けていきました。やっとこさ重~い腰を上げ、今年初めての九重、天狗ヶ城と中岳をいそぎまわってきました。今シーズンも雪は少なくほんのお情け程度に残るのみで、風のほとんどない穏やかな気候に期待の樹氷も全くなく物足りなさが一杯でしたが、山の神様は、それを補うように数分間の素晴らしい日出を与えてくださいました。

以下、当日のスナップです。

文/写真 sasaki syunnji

ここは、天狗ヶ城の頂上。このところの暖かさと午後から崩れる予報のせいか、ただ一人の世界を楽しみます。日の出まではもう少し、涌蓋山とわずかな残雪を装った星生山も静かに朝の色を待ちます。

cid_f26a2ecef9dc5649664ada9f270cee12f38d107czimbra1

さあ、中岳からの日の出。ここだけぽっかりと空いたワンダーゾーン。よぎる雲との素晴らしいコラボで太陽がいろいろとポーズをとります。その一コマ。

cid_39e1ee6b09cef470880d30a93f10246da7dc7d68zimbra2

この朝は、雲が広がる割には良い透明度で、祖母、傾山系のみならず、普賢岳、そして写真のように豊後水道を隔て四国の山なみ(?)までくっきりと眺めることが出来ました。

cid_44eaa02fe4a2b1cf4179b82be790ddf04653d557zimbra3

そろそろ引き上げようかというとき、やっと人影が・・・・・・・・それは二人の女性。なんとお一人は昨年暮れ、天狗ヶ城でお会いした北九州の方でした。先方も九重は今年初めてというのになんという偶然でしょう。また九重でを合言葉に私は中岳へ向かいました。今回のポーズはお二人の作るハートの「和」です。

1

天狗ヶ城からの御池(みいけ)。もう氷が解け始め春の息吹を感じさせます。

1

中岳を回り、避難小屋から池のほとりに下ります。解氷の始まった御池。水との境界が創り出す光景がとてもきれいでした。この頃から阿蘇方面からの流れ雲より雪が舞い始めました。

 

1

天候はいまいちでしたが、思いがけずの人との出会い、そしてわずかな雲間に繰り広げられる天空のドラマに感動の一日でした。

飯田高原・湯坪温泉にある温泉宿「ゆつぼ亭」は和と洋の建築様式が溶け合う離れが人気の宿です。

2017年度長寿祝い無料貸し出しちゃんちゃんこ各種あります

新しい画像 (1)

還暦祝い
(かんれき)色 赤朱
61歳のお祝い
1957年 昭和32年生(酉)

新しい画像

古希・古稀祝い
(こき) 紫 紺
70歳のお祝い
1948年
昭和23年生
(子)
1947年
昭和22年生
(亥)
喜寿祝い
(きじゅ)紫 紺 黄
77歳のお祝い
1941年
昭和16年生
(巳)
1940年
昭和15年生
(辰)
傘寿祝い
(さんじゅ) 紫 黄
80歳のお祝い
1938年
昭和13年生
(寅)
1937年
昭和12年生
(丑)

 

新しい画像 (2)

半寿祝い
(はんじゅ) 黄 金茶
81歳のお祝い
1937年
昭和12年生
(丑)
1936年
昭和11年生
(子)
米寿祝い
(べいじゅ) 黄 金茶
88歳のお祝い
1930年
昭和5年生
(午)
1929年
昭和4年生
(巳)

 

卒寿祝い(そつじゅ)90歳のお祝いは、白になります。

100歳のお祝いのちゃんちゃんこは、ピンクがありました。

還暦で「赤いちゃんちゃんこを着るのが気恥ずかしい」とのことで、最近では、ピンク色のちゃんちゃんこが人気だとか

元々は、百寿(100歳)のお祝いに用いられているものですが、縁起も担ぎ、100歳まで長生きの願いも込めて、

女性らしい可愛らしいピンクのちゃんちゃんこを送られている方も多く見受けられるそうです。

ご要望がございましたら、取り入れたいと思いますのでお知らせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

飯田高原・湯坪温泉にある温泉宿「ゆつぼ亭」は和と洋の建築様式が溶け合う離れが人気の宿です。

もうすぐ春ですね

各所でお雛祭りの催し物が始まりましたね(*´▽`*)

今年も、金魚の町、熊本県長洲町で

デザイナー・イラストレーター「にしだあつこ」さんがプロデュースする『第3回 おひなさまときんぎょ展』を開催されます。

3月3日のお雛祭りと金魚の日にちなんで、「お雛様」と「金魚」をテーマに、描き下ろしのイラストやお雛飾りなどが金魚の館を彩ります。

『第3回おひなさまときんぎょ展』開催!~にしだあつこさんプロデュース~

今年は、熊本初上陸となる360度立体映像を見ることが出来る「4D王」シアター『ギョギョっと4D!シアター』も上映中なので

あわせて、楽しめますね。

_20170131_125145

今年の新作 鈴音印 にしだあつこ × 薬師窯 

錦彩いちご鈴音雛雛

dsc_0354

購入いたしました!かわいらしいですよね。「あまおう」サイズです♪

昨年度のお雛様も飾りました~

dsc_0359

昨年度、ゆつぼ亭での展示会では、華やかな長洲町さんのポスターもはらせていただきました。

ありがとうございました。ご活躍とご発展を心よりお祈りいたします。

dsc_0256

dsc_0254

さて、お雛様を出さなければ~

 

飯田高原・湯坪温泉にある温泉宿「ゆつぼ亭」は和と洋の建築様式が溶け合う離れが人気の宿です。

【2017春 九州 オルレフェア】開催のご案内

2017年最初のオルレイベントのご案内です。



​もちろん今回もイベント時だけの特典「無料のおもてなし」や「ソフトクリーム・温泉入浴の割引券」「フィニッシュ地点からスタート地点へのシャトルバス運行」がございます。

11.1km 3~4時間のコース・・・早春の高原を歩いてみませんか?





​参加申し込みはこちらまで・・・

九重町役場 商工観光・自然環境課 

TEL 0973-76-3150(土・日・祝日を除く8:30~17:00)

kokonoeolle@gmail.com




<開 催 日>  H29.3.25(土)少雨決行

​<受付時間> 8:30~9:45 スタート10:00

<受付場所> 九重“夢”大吊橋 中村側

<参 加 費>  大人1,000円 当日、受付でお支払いください

<申込締切日>H29.3.21(火)

<定  員> 先着300名 

​     定員に達し次第、締切日前でも申し込みを終了いたしますので、お申し込みはお早めにお願いします。

     

【2017春 九州 オルレフェア】開催のご案内

飯田高原・湯坪温泉にある温泉宿「ゆつぼ亭」は和と洋の建築様式が溶け合う離れが人気の宿です。